レバレッジをかけて証拠金の何倍もの投資を行うことが出来る!

FXではレバレッジをかけて証拠金の何倍もの投資を行うことが出来ますが、日本ではレバレッジ規制が掛けられてしまい、個人口座では25倍までと制限されています。法人口座ではレバレッジ規制の対象外で25倍以上のハイレバレッジを使用することはできますが、法人設立するには資本金1円からでも可能とは言え、法人登記15万円、定款認証手数料5万円、印紙代4万円などの実費費用が掛かります。

sfdiuご自身で出来ない場合は司法書士などの士業に頼むことになりますので、さらに報酬が掛かります。これらの費用や手続きの手間を掛けなくても、ハイレバレッジを使用することは可能です。それは国内の規制とは関係がない、海外FX会社に口座を開設することです。

海外FX会社とは海外に拠点を置いているFX会社のことで、日本に居ながらでも口座を開設すれば取引することが出来ます。海外FX会社の中には800倍や1000倍といった超ハイレバレッジのところがあります。現物株で投資金額に対して100%のリターンを得るには大変ですが、レバレッジを100倍にすれば1%のリターンでも100倍の100%にすることが可能です。

しかしハイレバレッジをかけすぎるとそれだけ大きなリスクを背負うことになります。国内FX会社ではレバレッジをかけすぎて失敗すると、追加保証金を入金する羽目になることがあります。週末に持ち越しして週明けに大きな窓を開けて為替相場がスタートすると、ロスカット水準を割り込んでしまい大きな損失を出す可能性もあります。

しかし海外FX会社ではゼロカットシステムを採用しているところが多く、追加保証金が発生しません。どれだけ高いレバレッジをかけて失敗してしまっても残高がマイナスになりません。ゼロカットシステムを利用して2つの海外FX会社で両建てを行うのは、海外FX会社によっては禁止していることがあります。バレてしまうとペナルティーを課せられることがあるので止めましょう。海外FX会社では日本語に対応しているところも多く、英語が苦手な方でも簡単に口座開設や取引を行うことが可能です。

しかし国内FX会社のように完全信託保全が義務化されておらず、分別管理が基本です。なかには信託保全を導入している海外FX会社もありますが非常に少ないです。一部の信頼性の低い海外FX会社では出金しようとしても拒否されることがあります。海外FX会社は金融ライセンスを取得して事業を行っていますが、中には海外でも無登録のところがありますので、きちんとした海外FX会社を選ぶことが大事です。

インデックス投資

投資を始めて間もない人たちに対しては、インデックス投資の概念が推奨されるようになり始めています。インデックス投資では、市場動向との関連性が非常に強いと考えられており、緩やかな損益の発生が特徴的な部分として取り上げられています。そのため、株式投資を通じて大幅に損失を被る可能性が非常に少ないと考えられており、リスクを抑制することの可能な投資の手法として知られています。最近では、多くのところでインデックス投資の概念がよく知られるようになりつつあることから、普遍的にこの投資方法が展開されていると言えるのではないでしょうか。

証券会社などにおいても、インデックス投資の概念は昨今大事なものとして考えられるようになってきており、投資の初心者に対してはこの投資の概念が提案される動きが度々見受けられています。市場動向に即した騰落が実現されると考えられているため、投資の仕組みをシンプルに理解できることにも繋がっていくのではないかと思います。また、様々な株式銘柄に投資をしようとする人にとっても、このようなシンプルな概念は受け入れられるようになりつつあり、多岐にわたる方面でインデックス投資が実現されているのではないかと思います。

リスクを小幅に抑制することができる上、市場動向にリンクした騰落が特徴的であるインデックス投資は、以前に比べて比較的高い頻度で実現されるものとなってきているのではないかと考えられています。着実に利益を獲得したいと希望する人に対しても、この投資の考え方が推奨される動きが本格的なものとなりつつあるため、このような動向に拍車が掛けられていると言えるのではないでしょうか。多彩な銘柄に対して投資のできる点は通常の投資と遜色なく、ケースバイケースで投資の展開できる点も魅力的であるとされています。

投資の初心者に対しては、今後もインデックス投資が普遍的に推奨されていくのではないかと推測されています。そのため、これまで以上に多くの投資家たちによって、インデックス投資の方法で株式への投資や取引が展開されていくものと見込まれています。高い頻度でインデックス投資が行われる状況が見受けられることに伴い、様々な株式に対する投資が行われることにも直結するのではないかと推測されています。投資の初心者をメインとして、インデックス投資が積極的に実現されることが、幅広い方面から期待されていくのではないかと予測がなされています。