「FXの資金が足りない?」大丈夫!手元の金額で十分です!

FX取引では、レバレッジ(leverage)という手法が、より多くの利潤を生み出すためによく使われます。レバレッジとは「てこ」の事で、FX取引でレバレッジを用いると、少額の資金で大きな資金を動かす事が出来るのです。

FX業者に「証拠金(保証金)」を渡して、その金額の何倍もの通貨を買うという投資が、レバレッジという手法を用いると可能になります。バイナリーオプションではこのような概念はありません。要は、株式取引における信用取引に似た制度だと考えればご理解頂けるでしょう。

sdf8s株式信用取引で、1株10,000円の株式を1,000株買ったとします。通常の取引で買ったら、10,000円×1,000株で、10,000,000円が必要ですが、信用取引の場合、購入金額全額を支払うのではなく、売買金額の一定の割合を「証拠金」として預けることで取引を行います。

引用: 「英ポンド.com」

FX取引でのレバレッジも同様に、例えば、100万外貨の購入を行う場合でも、購入金額の一定割合を「証拠金」として業者へ預ける事で、手持ちの金額のよりはるかに高い金額の外貨の購入が可能となるのです。例えば1万外貨を「証拠金」として業者へ預け入れ、その何倍もの外貨を購入する事が出来るのです。1万外貨を「証拠金」として業者へ預け入れて、仮に10万外貨を購入した場合、レバレッジは10倍と言う表現をします。

ではレバレッジで利益はどの位になるのでしょうか。例えば、1US$が100円のレートの時、10万円の「証拠金」を預け入れ、1万通貨、即ち1万$を100万円で購入したとします。もし円安傾向が続き、1US$110円のレートになったら、1万$は110万円になっており、10万円の利益を上げる事が出来るというわけです。

レバレッジを用いた場合、決済方法は差金決済と呼ばれる方法で決済されます。差金決済とは、購入額の100万円が円安で110万円の価値を持つ状態になった時、その外貨を売却し、110万円−100万円の10万円を投資家は利益として受け取るのです。

レバレッジを用いなければ、10万円以上の現金を用意する必要がありますが、レバレッジを用いると、10万円の資金で10倍の資金を動かす事が可能となるので、まさに、「てこ」の原理そのものの効果があると言えましょう。ただし、逆に、円高傾向が続いた場合には、当然ですが損失も大きくなるので注意が必要です。多少難解な物でもあるのでバイナリーオプションという物もシンプルで人気が出ています。

レバレッジは、FX業者やプロの投資家は、4~200倍位、副業のFX投資家であれば10倍程度の倍率で取引をしています。レバレッジを10倍にすると、スワップポイントも同様に10倍になります。識者は、ハイリスクハイリターンのレバレッジを始めるには、初心者ではまずは2~3倍の低い倍率から始める事を勧めています。