バイナリーオプションでの利益

多くのバイナリーオプションでは、通貨を銘柄にして取引を行っていきます。取引きのルールはいくらかの種類がありますが、最もポピュラーなものは、例えば「今1ドル100円の為替相場が、2時間後には1ドル120円よりも上になっているのか、下になっているのか」を予測していくというものになっています。

この二者択一の選択に対して、上になるのか、下になるのかを為替の値動きの傾向などを鑑み、自分なりの予測を立てて投資をしていく事になります。
投資はチケットというものを購入する形で行われ、予測が当たればこのチケットの枚数に応じた配当金が支払われて利益になり、予測が外れればチケットが無効になり投資金が全て損失となるのです。
このように、バイナリーオプションでは投資をする前から受け取れる利益と損失が決まっている投資取引になっています。

配当金の支払いには二種類があり、一つはチケット一枚に対して、決まった額が支払われる「定額制」と、もう一つは投資の条件によって額が変わる「ペイアウト倍率制」になります。

ペイアウト倍率での支払いの場合には、倍率が高いほど大きな配当金が受け取れ、逆に倍率が低いと配当金は少なくなります。
多くは条件の達成の難易度によって倍率が変化するケースがほとんどで、一般的には達成しやすければ倍率が低く、達成しにくい、予測しにくい場合には倍率が高くなります。
例えば、24時間後の為替レートの価格を予想するよりも、今から1分後の為替レートの価格を予測する方が簡単なので、この場合は24時間後はペイアウト倍率が高く、1分後のペイアウト倍率は低くなるのです。

定額制の配当金の場合は、多くはチケットを購入する際の価格が変わります。
1枚のチケットに対する配当金額は、どの予測であっても一律で変わらない定額制では、ペイアウト倍率と同じような難易度における配当金の支払いの調整を、購入するチケットの価格を変化させるという事で行っているのです。
この場合は、例えば先の例を取ると、24時間後の為替レートを予測するチケットの代金は、その達成が難しいと予想されるので安くなっており、1分後の予測の場合にはチケット代が高く設定されているのです。

こうした配当金に関する設定は、業者によって形態が違っているのが常です。自分が受け取る利益の話になりますので、しっかりと確認をしておくことをお勧めします。